私のたましいは主をあがめ

2020.11.29

『私のたましいは主をあがめ』

ルカ1:39~56


1 マリアの信仰

  • マグニフィカート(マリアの賛歌)

「ご覧ください。私は主のはしためです。どうぞ、あなたのことばどおり、この身になりますように」(38節)

「主によって語られたことは必ず実現すると信じた人は、幸いです」(45節)

                   「信じ切った人」(新改訳第3版)

「おまえたちは、いつまで、どっちつかずによろめいているのか。もし主が神であれば、主に従い、もしバアルが神であれば、バアルに従え」(Ⅰ列王記18:21)

「そういう人は二心を抱く者で、歩く道すべてにおいて心が定まっていないからです」

(ヤコブ1:8)


2 賛美する理由

  (1)「この卑しいはしために目を留めてくださったからです」(48節)

  「はしため」=端女「タペイノーシス」…「低くする、へりくだらせる」(動詞)の名詞形

   「神は高ぶる者には敵対し、へりくだった者には恵みを与えられる」(Ⅰペテロ5:5)

  •  ビクトル・ユーゴー 「レ・ミゼラブル」

  (2)「力ある方が、私に大きなことをしてくださったからです」(49節)

  •  アイザック・ウォッツ 「たみみなよろこべ」

ミニ・チャーチでの分かち合い

  • 私たちの信仰の土台は何ですか?
  • 私たちはなぜ主を賛美すべきなのでしょうか?

この記事へのコメント