イエスとは?

2020.9.20

『イエスとは?』

ヨハネ10章30-33節

1.イエスは歴史上の人物か

  • イエスの存在はクリスチャン以外の人が書いた古代文書の中にも記されている

ヨセフス(ユダヤ古代史)、タキトゥス(年代記) 他

  • 新約聖書の信頼性

⑴原典が書かれた年代から、現在見つかっている写本の年代の隔たりが少ない

⑵写本の数が多い

  • イエスが実際に活動した時期から原典が描かれた時期が近い

 

2.イエスはどんな人物だったのか

⑴イエス自身の証言<ヨハネ6章35節><ヨハネ4章14><マタイ1128>

  • イエスは神としてのアイディンティティーを持っていた

<マルコ2章5−7><ヨハネ1030節>

  • 自分が神と言う人の3つの可能性
  • 嘘つき ②正気ではない ③本当

⑵イエスの教え<マタイ7章12節> <マルコ1231> <ルカ627>

⑶イエスの働き

  • 当時社会の中で阻害された人々へ愛を注いだ

3.イエスが神である証拠

⑴旧約聖書の預言の成就

⑵イエスの復活

幻覚説

仮死説

盗難説…

弟子たちの変化


◎ミニチャーチでの分かち合い

・あなたはイエスキリストがどのような人物だと思いますか?



この記事へのコメント