エマオへの途上にて

div style="text-align:center">2019.6.30

『エマオへの途上にて』

ルカ 24:13~32



  1.目が遮られていた弟子たち
 
   <ヨハネ19:25>イエスの十字架のそばには、イエスの母とその姉妹、そしてクロパの妻マリアとマグダラのマリアが立っていた。

  2.心の目を遮るもの

1. 「逆向きの歩み」
<マタイ7:7,8> 求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれでも、求める者は受け、探す者は見出し、たたく者には開かれます。

2. 「非生産的な話し合い」

   3. 「独断と偏見」

  3.心の目が開かれた弟子たち

  ○ 癌と戦った一人の女性の証

◎ミニチャーチでの分かち合い

 ・エマオへ向かって歩いていた二人の弟子とは誰でしたか?
 ・その時彼らと共に歩いておられた方は誰でしたか?
 ・その方がイエスであると二人はいつ気が付いたのでしょう?
 ・心の目が遮られる原因にどんなことがありますか?
 ・あなたには「心の目が開かれた」という経験がありますか?
  それはどんな時ですか?