イスラエルの苦難と神の守り

2020.7.5

『イスラエルの苦難と神の守り』

詩篇 129篇

  1. 過去の苦難の歴史の回顧
  • 出エジプト(BC 14C
  • 古代イスラエル王国成立(BC 11C
  • 北王国 アッシリア帝国によって滅亡(BC 721年)
  • 南王国 バビロンへの捕囚(BC 586年)
  • ペルシャ帝国の寛容政策でエルサレム神殿再建(BC 516年)

  1. 何故ユダヤ民族は迫害されるのか
  • ドレフュス事件(1894年)
  • 「ポグロム」の原因となった事件(1881年)
  • 「反ユダヤ主義」は悪魔の働き(霊的問題)

  1. イスラエルを祝福するものの幸い
  • イスラエルの平和のために祈る
  • イスラム教徒の救いのために祈る
  • イスラエルから中絶(堕胎)がなくなるように祈る

◎ミニチャーチでの分かち合い

  • 「反ユダヤ主義」の原因は何ですか?また何故ですか?
  •  イスラエルの祝福のために祈りましょう。

神と共に生きる幸い

2020.6.28

『神と共に生きる幸い』

詩篇 127篇

  1. 神に対する信頼
  • ハワイ島 マウナ・ケア山(4205m

「すばる望遠鏡」

  • エヴェレスト(8848m) 酸素濃度33%

<マタイ5:45>天におられるあなたがたの父の子どもになるためです。父はご自分の太陽を悪人にも善人にも昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからです。

1節>「建てる」=「再建する、回復する、建て直す、祭壇を築く」


  1. 神から来る希望

2節>「眠り」=「安眠」


  1. 神との愛の交わり

<ヨハネ3:16>神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

  • 石川豊子(大阪芸術大学教授)「コミュニケーション学」

「伝わるコミュニケーションの3つのポイント」

  • 聞こえる言葉で話す
  • ピンと来る言葉を使う
  • 非言語的要素を有効に使う

◎ミニチャーチでの分かち合い

・  人間の「たましい」の回復には三つの要素が必要です。その三つの要素とは何ですか?それはどのようにして手に入れるのですか?

神に祝福される家族

2020.6.21父の日

『神に祝福される家族』

詩篇 128篇


1,4節>「主を恐れる」…主を信頼し主を愛すること

  • 夫婦がお互いに愛し合う事の祝福

1.子どもは自分のアイデンティティーを確立できる

精神科医 ジャスティス・S・グリーン博士の証言

<エペソ5:33>それはそれとして、 あなたがたもそれぞれ、自分の妻を自分と同じように愛しなさい。 妻もまた、自分の夫を敬いなさい。


2.安定した子育てができる


3.神を敬う心を育てる
  • アリス・ピアソンの詩

“みんな家に戻ったかい?”



◎ミニチャーチでの分かち合い

・ あなたの「お父さん」はどんな人ですか(でしたか)?

感謝すべき事を考えてみましょう。

  • 夫婦関係が子育てにどんな影響を与えるか考えてみましょう。